« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014.07.25 ムービー第6話にあの人が登場!

こんにちは、ファイナンシャルプランナーのいずたにです。

定住促進協議会のムービーも6話となりました!
今回、鍋奉行に扮するのはあの人です!
はい、周防大島の椎木町長です!
快く出演を引き受けて下さり、ユーモアのわかってくれる方なのでカツラまでかぶってくれました(笑)おもしろいムービーに仕上がったかなと思います。
次回、最終話ですがオチはありませんので期待しないように(笑)
さて、来週29日(火)から、広島三越の8階で「ハワイアンフェスティバル&リゾートフェア」が開催されます。
瀬戸内のハワイ・周防大島も出展してます。そして定住促進のブースも設置されていて、私と三浦さんが交互に出動してます。
島暮らしにご興味のある方、ぜひお越しください(私は火、木、土、日います)。

2014.07.19  ちょっと思ったこと

こんにちは、ファイナンシャルプランナーのいずたにです。

世の中のトレンドに流されるのは好きではないのですが、知っている必要はあると思うのと、島の人とのコミュニケーションとしてFacebookを利用しています。

本当は商用に利用すればいいのですが、使いこなせていないのと、あまり好きではないのです。

個人が自由に発信できる時代ですから好きなこと書けばいいんですけど、ひたすら政治的なことを書く人がいるんですよね。

仕事もせずにいろんな批判記事を血眼になって探してきてはリンクしたりシェアしたり、その頻度はちょっと理解しがたいのです。

その時間を使えば店の売り上げアップに繋がる記事・マーケティングを学べると思うのです。私はそこに時間を費やしたいから、正直言って他人のブログを見る暇なんかありません。

まぁこんなこと書くの嫌いだし、批判厨を批判してたら同じなんですが、ローランドのTOB成立の記事を見てたら言いたくなってしまったのです。

愛国心がとか言うなら、もっと日本の企業、偉大な創業者にも関心を持ちましょう。

ネガキャンする時間があるなら、偉大な人たちの言葉に耳を傾けるべきです。

彼らの言葉は建設的です。

行政と喧嘩したいなら影響力を持つにはどうすればいいかとか考えるほうが建設的だわ。

うちのブログもご意見番気取りでチェックしてるようですが、その時間を使って日本企業の創業者たちをWikiでも使って調べて下さい。

私は日本を変えることも町おこしもできません。力量は知ってます。できないことは言いません。

ただ、信用してくれるお客さんと家族は、能力以上の力で守ります。私の大事な時間はそれに注ぎます。

2014.07.18 ムービー第5話は人気サービスの紹介です!

こんにちは、ファイナンシャルプランナーのいずたにです。

周防大島町定住促進協議会のムービー第5話です。
音声が割れてたりしますがご了承ください(汗)
コレ、役場のサービスじゃなく協議会のサービスなのでホントは私が担当なのですが、このときは視界が悪いところに入ってるので(笑)、役場の西村さんにお願いしてます。
ご利用の際は、島人のスケジュールを調整しないといけないので、希望日の2週間前に申請してください。
移住前にやりたい分野の先輩の話を聞いたり、人脈を作れると絶対いいですよ!
私が尊敬する人につないだりしますので、移住を検討される若い世代の方はぜひご利用下さい!
次回のムービーはいよいよあの人が登場です。お楽しみに!

2014.07.15 サービス依存症には島暮らしが効きます。

こんにちは、ファイナンシャルプランナーのいずたにです。

取材で「移住の失敗事例」を質問されることがあります。実際、理想の暮らしが実現した方ばかりではないですし、まったく合わずに帰られた方もいるでしょう。

その中に、「田舎は不便だ」とか「サービスされるのは当たり前だ」といった方がいます。

私はこれを「サービス依存症」とよんでいますが、この現代病ともいえるサービス依存症が強いと田舎暮らしは難しいでしょう。現代の過剰なサービスが当たり前になっていると、田舎のサービスには不満が残ります(私も移住したころ思いました)

うまくいかないケースとして、地域と馴染めないという話もよく聞きます。

サービス依存症が重症だと、近所からのおすそ分けに感謝が薄かったり、してもらうことに慣れすぎていて、田舎では当たり前の「地域はみんなでつくるもの」ということが理解できなかったりします。

結果、サービス依存症の自覚がない人と、そんな現代病に無縁な人たちとの間で誤解が生じます。

当たり前になってしまっている習慣を変えるのは大変ですが、意識することで少しずつ変えられます。

「意識が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。」という言葉がありますが、島暮らしに置き換えると・・・

意識を変える(過度なサービスが当たり前の暮らしに疑問を持つ)

行動を変える(誰かにしてもらうのが当り前ではなく、人のつながりを大切にし支え合う)

習慣が変わる(不便が「苦痛」ではなく、「工夫」が当たり前になる)

 

現在、若い世代の方々に田舎暮らし志向が増えているのは、そういった現代に疑問を感じるからなのでしょう。

現代病・こころの生活習慣病ともいえる「サービス依存症」を見直すために、島暮らしはいかがでしょうか? 
Photo

2014.07.11 大好評!「あなたの移住を物語に」第4話です!

こんにちは、ファイナンシャルプランナーのいずたにです。

お待ちかね、定住促進協議会のショートムービー第4話です。
第4話から、島のエキストラの名演が光ります!
もっといろいろしたいんですけどね~。近隣の広島や島根の観光PRには及びませんからね~(向こうはプロが作ってるし、予算もすごいので勝てるわけありませんが笑)。
山口県って保守的ですから、こういうのって受け入れられないかもしれませんが、別にいいんです、地元のオッサンがどう思っても(笑)
PRするときに大事なのは、ターゲットとする層の興味をいかに惹くかです。これは商売と同じです。
20代~40代の、移住先を考えている人に「中途半端な作りで、恐らくお金ないんだろうけど、盛り上げようと頑張ってる人たちがいるんだ」みたいに感じてもらえれえばなと。このムービーの狙いはそこですから。
でも、今年の後半は違うPR企画を温めてます(笑)こっちは本気で当てますよ~!
あ、本業の保険代理店ですが(忘れるなよ笑)、まずは損害保険から登録完了しました!
日新火災さんの代理店になりましたので、よろしくお願いします♪
ではまた!

2014.07.04 定住促進協議会のCM第3話です

こんにちは、ファイナンシャルプランナーのいずたにです。

協議会のCM第3話・「お試し暮らし住居編」です。
移住への実績も高い島暮ら荘。「このままここに住みたいなぁ」と言われた方もいるぐらい、質素で落ち着く広さです。
いえ、仮の住まいですから、快適さはありません(笑)。
先日、NHKで放送された「海と生きる」に出てもらった石田さんも、こちらに利用中に家を見つけられました。
ご利用にあたっては、定住促進協議会のHPをご覧ください。
全7話のアップが終わったら、違うPR企画を発信しようと思います。
広島や島根みたいなセンスあるものは作れませんが(予算的にも)、次の企画はわれながらおもしろいと思います。動画アップは9月になるかな~。
それから、今月の29日(火)から広島三越で「ハワイ&リゾートフェア」が開催されます。
‘瀬戸内のハワイ’周防大島も出展します(私も行きます)ので、お近くの方はお越しください。
ではまた!

2014.07.03 1カ月10万円の田舎暮らし③

こんにちは、ファイナンシャルプランナーのいずたにです。
定住促進協議会のFPコラムを更新しましたのでリンク先をご覧ください→こちら
ホントは「サービス依存症」というテーマで書こうと思ったのですが、協議会HPの検索ワードを見ると、「10万円 田舎暮らし」というのが「周防大島 移住」などより多いので、田舎暮らしに興味のある方に見てもらいやすいように、こっちのテーマになりました。
ただ、「お金のかからない地域に移住」なんて検索ワードもあり、いろいろ危惧するところです。仕事するのが嫌で田舎に来るなんて、地方に住む側からすると迷惑ですから。
セカンドライフを過ごすならともかく、20~30代で「仕事してないけど、近所のおすそわけとか、もらった食器とかをフリマに出したらなんとかなるし、田舎サイコー!」とかありえません。信じられませんが「仕事する気ないしぃ」とか言う人がいます。
田舎は都会に比べて賃金は安いし、物価はそんなに変わらないしラクじゃないわけです。そんなにラクなら過疎化しませんって。
おすそわけなどに甘えてばっかりで何の地域貢献もしない人は、地元のじいちゃん、ばあちゃんも困ります。それに我々移住者が同じように思われます。
定住促進はどこの田舎でも頑張ってますが、そんな人にはどこも来て欲しくないです。
・・・というようなことをホントは協議会のコラムに書きたかったのですが、私が勝手に思っているだけならいけませんのでやめました。
定住促進は仕事ですが、その前に、島のためにありたいのです。
だから、島のためになる定住促進を頑張ります!

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ